椅子(ダイニングチェア・スツール)張替え事例集

人の数だけ椅子がある。

デザイン、用途、座り心地、座る人の体格など選ぶポイントがたくさんありますが、なかなか気に入った椅子に出会えないという方も少なくないと思います。だからお気に入りの椅子はちょっと贅沢に。そしてできるだけ長く使いたい。

 

お気に入りの椅子なら買うより張り替える。

でも、長年使えば座面や背もたれがへたったり、破けたりします。そのような時は張地を替えてリフレッシュしましょう。どんなに良い椅子も長年の使用で痛みますが、張地を替えることで新品のような掛け心地が蘇ります。

張り替えを機に柄をまったく違うものに変えてみるのも面白い。椅子は座面が一番面積が広いので、違う張地にすると別の椅子を買ったような新鮮さもあります。

 

椅子の張り替えについてはご相談ください>>


アームチェア張替え

がっちりとした国産のアームチェアを張り替えました。

BEFORE

飼い猫のひっかき傷が多数あり、ステッチが裂けていました。

AFTER

背もたれは構造上分割して張るためステッチを入れましたが、座面はベタで仕上げました。


【ダイニングベンチ】座面の張替えと背もたれラタンの張替え

ラタンの背もたれがオシャレな二人掛けベンチと椅子の張替えと木部補修をいたしました。

BEFORE

ベンチのみ背もたれの片側が大きく破れていました。椅子共に接合部分がきしんでガタガタしていました。

※縦縞のクッションは座面の上に置いています。

 

AFTER

張地は布張りから合皮に張り替えてリフレッシュ。


座面の張替えと木部接合修理

ラタンのアクセントが特徴的なクラシックデザインのダイニングチェア。座面の張替えと一部接合の修理を致しました。

BEFORE

背もたれの接合部分にヤセがきてグラつきがありました。このように僅かな開きは接着剤が入らず困難ですが、外れる部分は一度外して組み直します。

AFTER

背もたれを接着し、座面は元の柄に似た花柄を張り替えました。


国産高級肘掛け椅子(カリモク製)の張替え

カリモク製の肘掛け椅子を張り替えました。コロニアルシリーズの絶版品ですがしっかりした作りで張り替えればまだまだ長く使えます。背もたれにはラタンを張っていますが損傷は無いので座面のみの修理でした。

BEFORE
お客様ご自身で補修を続けて長らく愛用されてきましたが、さすがに厳しくなってきたので張り替えることにしたそうです。

AFTER
元の張地に似た柄をお選びにならりました。独特のフォルムにマチがあるので手間がかかりますが、張り替えると新品のようにまた末永く快適に使って頂けます。

カリモク コロニアル アームチェア

 

 


大判座面のローチェアの張替え

座面がひと回り大きく低めがお気に入りだそうです。グレーの張地から明るいオレンジに張り替えました。

ローチェア


ロッキングチェア座面ベルトの交換

北欧製のチーク材を使ったロッキングチェアです。
座を支えるベルトを交換して強度を付けました。

ロッキングチェア

BEFORE 
柔らかい座面のベルトが切れていました。

AFTER
強度のあるベルトに変えてレザーシートを鋲打ちで留めました。

ロッキングチェア


背付きドレッサーチェアの張り替え

鏡台の椅子は張り替えのご依頼が多い椅子です。
嫁入り道具として数十年以上使う方も多いためクッション材がぺったんこになってしまっているものも少なくありません。

 

Before
今回の椅子は背の表裏にも張地があり、裏面はペットのひっかき傷で破けていました。

After
クラシックな張地からンプルでモダンな模様に張り替えました。


業務用スタッキングチェアの張り替え

葬祭場の業務用の椅子を張り替えました。
スタッキングできる椅子ですが張地に柔らかいソフトレザーを使用していたため擦れて傷んでました。
背もたれはそのままに座面のみの交換でしたが、同じ白にすると質感や色味が微妙に異なるのは違和感があるということで思い切ってツートンカラーにしました。


布張りからビニルレザーに張替え

元の張地とはまったく異なる印象の合皮にかえました。
椅子は張地を変えると、掛け心地はそのままに新しく違う椅子を買い替えたような雰囲気に生まれ変わります。

 


ダイニングチェア座面の張り替え

古い本革座面を合成皮革に張り替えました。
ボタン、ステッチの飾りは劣化しやすいためシンプルな耳付き張りにしました。

 


食堂椅子の座面を張り替え交換しました。

Before
ビニルレザー(合皮)が避けて中身のウレタンまで損傷していました。

After
すこしグレーがかった上品な黒に張り替えました。もちろん中のクッション材も新しくして新品同様に生まれ変わりました。

 


ダイニングチェアのフレーム破損修理と張り替え

アームチェアの背と座面の張替えと木部の補修を致しました。
6脚承りましたがフレームが破損していたものもありましたため、接合補修を施しました。

Before
中のクッションがへたってしまい、張地が破れておりました。

After
似た印象の張地に張替えし、破損した木部も補修いたしました。


花柄からシンプルモダンな座面に張替え

今回も背もたれにラタンを張ったクラシックデザインのアームチェアのご依頼を承りました。
ラタンに損傷は無いので座面のみの交換となりました。

 

Before
長年の使用で芯材のクッションにヘタリがありました。

 

After
張地のイメージを一新してモダンでシンプルな布地に張り替えました。薄めのクッションにボリュームを持たせて座り心地をより良いものに仕上げました。


クラシックデザインの椅子の張り替え

背が籐の張地で座面が布張りのクラシクデザインの椅子を修理いたしました。

このようなデザインの椅子は以前大変人気で国内外品を問わず使われているため、修理のご要望も多いです。
背のラタンが破れて交換することも多いですが、今回は座面のみの張替えです。

Before 草花の柄のつるんとした薄手の布張り。ところどころ破れていました。

After 厚手のパイル生地でデザインを一新しました。