家具の搬入【失敗しない家具選び】

搬入のポイント

・作業は軽いものでも、必ず二人以上で行いましょう。

・部屋に搬入する時は、間口が広くできるだけ曲がる回数が少ないルートを選びましょう。

・背の高い家具は天井の照明器具や壁の装飾品に当たらないように、事前に外したり注意が必要です。

・大きな家具は分解したり、タンスなど収納家具は、引出しなどを抜いてできるだけ軽くして搬入します。

・上下が分離するタンスや食器棚等は下台を先に搬入し、上台はその上にすぐ重ねられるように後にします。

・一度入らなくても、横縦、表裏の向きを変えてみたり、向いや横の部屋に入れてスイッチバックすることで入る場合もあります。

 

 

搬入しにくいケース

気に入った家具を購入し、いざ搬入しようとしたら入らない・・・そんな悲しいことにならないために事前にチェックするポイントがございます。

 

階段の場合

天井が吹き抜けで、曲がりが無く幅が90cm以上であればほとんど問題ありません。しかし、ほとんどの階段は曲がりがありますので、幅 や高さのある家具は踊り場で立てて回転させます。そのため踊り場のスペースと高さが非常に重要となります。これは狭いL字の通路を曲がる際も同じです。

外階段(集合住宅)

エレベーターのあるマンションなどの集合住宅の場合、外階段が極端に狭くつくられている場合が多く、特に天井が低いので、幅や高さのある家具が難しい場合があります。

階段の幅と高さ、踊り場の奥行と高さをご確認ください。
※手すりがある場合はその分を差し引いた幅になります。

 

内階段(戸建住宅)

戸建の屋内階段一般に狭く、幅が70cm前後の場合は特に注意が必要です。また吹き抜けの天井はスムーズですが、天井や梁があるとぶつかって入らない場合があります。


搬入スペースの目安

階段の幅が家具の幅(高さ)内、短い方の三分の一+奥行より狭い場合は、入らない 恐れがあります。
例) 家具のサイズ:幅120x奥行45x高さ180cm 階段幅75cmの場合→階段の幅は約85cmほしいので難しいかもしれません。※上下分離しない家具とします。

※天井の高さが十分あることを前提とします。
※幅と奥行が同じサイズのものは回転が不要ですので、一辺が階段の幅以内であれば搬入可能です。
※両側が壁の場合と、片側のみ壁の場合でも異なります。

エレベーターの場合

住宅用エレベーターは下記のような標準規格がありますが、個々に仕様が異なり手すりなどの突起物も事前にチェックが必要です。特に奥行と高さがポイントとなります。

・6人乗り 間口1050x奥行1150x高さ2200㎜ ・9人乗り 間口1050x奥行1520x高さ2200㎜

※中低層一般ビル向けの4人乗りのタイプは間口800×奥行1000×高さ2100mmくらいですので、かなり制限されます。

 

玄関の場合

集合住宅は玄関以外からの搬入ができませんので、玄関の間口とレイアウト、その周辺の共用スペースの広さが重要です。

角部屋で扉が手前にある場合、通路奥が狭いと頭を入れてスイッチバックしながら引き入れることができません。ドアを閉めてデッドスペースに家具を置いた場合、ドアがぶつかって開かない恐れもあります 。

 

※長い家具の場合、玄関前の共用通路が狭いと搬入できない場合があります。

ソファの場合

ソファーの奥行や高さは90cm前後のものがありますので、側面の向きを「くの字」に傾けて搬入します。玄関やお部屋のドアの幅は、ソファの座と背の外側を結んだ線に対して背面下部の角から直角に結んだ線の長さをご確認ください。

※脚が外れる場合は外します。
※背と座が分解できるタイプは問題ありません。


 

吊り上げについて

通常の搬入が困難な場合、窓からの吊り上げという方法もございます。一般の方が行うのは危険ですので、引越屋さん等の専門の業者に依頼します。ただし、吊り上げには下記の条件がございますので、事前にチェックが必要です。

・搬入は2階まで。
・窓の間口が家具より大きいこと。
・バルコニーや窓の下にひさしなどの障害物がなく、作業スペースが十分あること。
・バルコニーの手すりの強度が十分であること。