信楽焼の工房が朝ドラ『スカーレット』の舞台に

2018年後半の朝ドラは信楽が舞台

平成最後のNHK朝ドラの舞台は陶芸の町、信楽になったようです。

子育てと陶芸に奮闘するヒロインを描いた内容ということですが、
木工所と違って陶芸の工房には若い女性の姿も多くて活気があります。

人気女優を起用

ヒロインを演じるのは人気女優戸田恵梨香さん。朝ドラのヒロインというと、
どちらかと言えばデビューしたてで名前がそれほど売れていない女優さんが多かったですが、
高視聴率が期待できる戸田さんの起用で信楽の陶芸を志す若者が増えることでしょう。

 

信楽焼の大型陶器

全国に数多ある焼き物産地の中でも信楽焼は大きな鉢などを得意とします。
ほかの多くの陶磁器が皿や壺など小さい器を主体とするなか、粘りのある土の特徴を活かして古くから
信楽焼は火鉢、植木鉢、傘立といった大型の器を数多く手がけています。

ただ、ドラマのモデルは女性陶芸家の神山清子さんという方。作品は花器などが多いので、
信楽町を実際に訪れてドラマのイメージと比べてみるのも面白いかもしれません。

 

因みに神山さんを描いた映画が既にあります。
『火火』という作品で女性陶芸家として苦労する一方、息子が白血病になったことで骨髄バンク
の設立に奮闘する姿が描かれています。こちらの主演は田中裕子さん。力強い女性の姿が印象的です。
そういえば彼女も元朝ドラ女優でしたね。たしか『マー姉ちゃん』でしたっけ。


最後に忘れてならないのが、信楽焼といえば狸の置物。
昔からお蕎麦屋さんの入り口にある酒壺を持ったあの大きなタヌキです。

信楽町に行くと駅前には巨大なタヌキがお出迎えしてくれるほか、
町を歩くと大小様々なタヌキがところ狭しと並ぶお店がたくさんあります。

 

信楽焼の工房の様子がこちらにありますのでぜひご覧ください。