ダイニングこたつのメリットとデメリット 

ダイニングこたつというテーブルをご存知ですか?
比較的新しいタイプの家具ですので、ご存じないという方はこちらもご覧下さい。

ダイニングこたつの購入の前に

ダイニングこたつというのを最近知った、ダイニングこたつを購入検討しているけど、実際のところどうなのかしら?
と迷っていませんか。

 

ダイニングこたつは

低いこたつでは足腰がつらい。

ダイニングテーブルでは食事中に足が寒い。

という方に是非おすすめしたい椅子に座って使う新しいこたつテーブルです。

 

しかも、家具調こたつと同様に春夏は普通のダイニングテーブルとして一年中使えて、

昔のこたつのようにシーズンオフに片付ける必要もありません。

さらにピンポイントで暖めるこたつですから部屋全体を暖めるエアコンよりも経済的で、空気も汚しません

 

ご高齢の方や、高齢の両親にプレゼントとして考えている方にとても好評ですが、

ダイニングこたつって暖かいの?

テーブルだけ買い替えたいけど、椅子も必要なの?

布団はかさ張らないかしら?

ダイニングこたつは重いって聞いたんだけど?

などと悩んでいる方もいると思います。ここではそんな疑問にお答えします。

 


暖かさは?

ダイニングこたつは、家具調こたつの脚を長くしたものでヒーターと構造は普通の家具調こたつと同じです。

ですから、高さがあって容積が大きい分、暖かくなるまでに時間はかかりますし、暖かい空気は上に溜まるので温度や即暖性が従来の低いこたつと比べて十分でないと感じる方がいらっしゃるようです。

 

解決策はアクセントラグ

ダイニングこたつの布団は上掛けだけで、敷き布団がありません。

冷えたフローリングで使用することが多いのでアクセントラグやカーペットなどの敷物を敷くと良いでしょう。

とりわけ雪国などの寒冷地や冬場の冷えが厳しい盆地では、その他の地域とは条件が異なるので、
敷物やホットカーペットで補う必要があると思います。

 

 

普通のダイニングチェアとの併用は?

ダイニングこたつは足腰の負担を少なくするために椅子で使えることが最大の特徴です。

しかし、普通の四足の椅子では、こたつとして使用した時に座面の下から冷気が入ってしまいます。
足元がスースーするという方は普通の椅子を使用していることが多いようです。

このためダイニングこたつには専用の椅子がご用意してあります。

ダイニングこたつ用の椅子には椅子の脚が板状の物が多く、冷気が入らないように間仕切りが付いているのです。

 

解決策として手持ちの椅子に布を巻く方法も

ご予算の都合や、気に入ったデザインの椅子がなくてテーブルだけ買い替えたい、今持っている椅子を使いたいという場合は、こたつを使用している期間だけ、脚に布を巻いて安全ピンで止めるという方法があります。

実際にダイニングこたつ専用チェアの中にも布を巻きつけるタイプがあります。

 

少々重くてもしっかりして安全な回転チェア

フルセットでご購入頂くとある程度ご予算が必要となるダイニングこたつですが、椅子は回転式、もしくはキャスターが付いたモデルが多いので、ご高齢の方や足腰が不自由な方には楽だと思います。

特に回転椅子は重さがある分、どっしりとしていますので、動きにくく立ち上がりの際に軽い椅子よりも安全にご使用頂けます。

 


普通のこたつ布団は使える?

ダイニングこたつには専用のふとんが必要です。

普通の低い家具調こたつの布団は丈が合いませんし、綿が多くて広がってかさ張るほか、角のたるみが大きくなります。

 

専用の布団はとても機能的

ダイニングこたつ専用の布団はその点を改善しており、リビング、ダイニングで使用することを想定してかさ張らず、末広がりにならないように薄掛けで立体縫製されているので、コンパクトにテーブルにフィットするようにできています。

 

よくサイズが低い家具調こたつの布団よりも大きいので収納に困る、ということをおっしゃる方がいますがそれは誤りです。綿の量が少ない分、薄くて畳んだ時に普通のこたつ布団よりもコンパクトなんです。

さらに、椅子を使用することを計算してスリットが入っていたり、リモコンを収納するポケットも付いています。

お値段も家具調こたつの布団よりも抑えていますので、本体と一緒に購入されることをお薦めします。

 

 

布団が好きでない方は布団レスタイプもあります。

ホコリが気になって布団そのものが好きじゃない、という方には、

ダイニングテーブルにヒーターだけを取り付けた布団レスのダイニングテーブルもあります。

ただし、ヒーターの出力には違いがありませんし、布団が無い分暖かさは弱いです。

このモデルはエアコンやストーブで十分にお部屋が暖まっている上で補完的にご使用頂くテーブルですのでご注意下さい。


ダイニングこたつは特別重くはありません。

重さは150サイズで20~30kg弱です。

線の細いモダンなテーブルに比べれば少し重量はありますが、特別重いということはありません。

掃除で困るほどの重さではありませんし、一人用などのたいへん小さく軽いモデルもあります。

ただしテーブルは軽くても引きずったりすると脚を破損したり痛める原因となるので、二人で移動することが前提です。

くれぐれも取扱にはご注意下さい。

 

 

ダイニングこたつがどのようなものかお分かり頂けましたでしょうか。

まだご不明な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

 

ダイニングこたつ、ハイタイプこたつ一覧